2017年3月15日水曜日

臨床 ティシュー&フィールド アプローチ

総合治療家プロジェクト
  
 臨床 ティシュー&フィールド アプロ―チ


 例1 患者の訴え

      ”立位で作業すると息が吐きずらい”
      ”食欲があまりない”

     ティシュー&フィールド 結合組織テスト LL

      後方 前方 外側 内側 螺旋 上肢 掌側 背側 橈側 尺側

     ティシュー&フィールド エナジーテスト 2pointメリディアン&エーテルチャクラ

     胃経:ST 左ダウン  右 腹直筋近辺にオアシス  正常化 オアシスを活性化

     エーテルチャクラ  前後での観察のみ  結合組織&メリディアンが正常化すると

                  スムーズ 均質さが回復!

     
      特徴  後方 とてもスムーズ
           前方 コラーゲンがうまく滑らない 特に骨盤から下肢

  
      呼吸時のメカニズム的には
       
          呼気時 体の前面の結合組織は下方へ滑る 足関節は底屈方向へ

          吸気時 体の後面の結合組織は下方へ滑る 足関節背屈方向へ



      患者 ティシュー&フィールド後 立位で深呼吸

         ” いっぱい吐けます”
         




     ファシリテーターF

  

0 件のコメント:

コメントを投稿