2017年12月5日火曜日

12月3日 札幌琴似セミナーノート


12月3日札幌琴似の病院内 リハビリ室で今年最後となります

ティシュー&フィールド1セミナー後方の結合組織と膀胱経が開催されました!

12名の受講者と楽しく学ぶことが出来ました!!

受講者の鋭い質問から気つ¨いたことがありますのでお伝えします

 複視を持つ患者さんのでデモの見せた後、受講者から

 ”やはり全体を診るのですね”とコメントいただきました

まだシリーズが始まったばかりで、ティシュー&フィールド1の全体像が見えない状態ですから

ごもっともなコメントです

しかしそこでクリアーになったのは、2つの見方があることです!

A,症状を元に知識的に関連のある結合組織の繋がり&経絡をみていく方法

B,全身を診て その人にどんな必要なアプローチをする方法(こちらは知識が及ばない可能性がありますが、知識以上の効果が上がる可能性があります)

どちらの臨床では必要なのです!


  講師 F

0 件のコメント:

コメントを投稿